MENU

ありがとうの声

産まれた時輸血がなかったら今の暮らしはなかったです。

藤井猛さん

藤井 猛さん


産まれた時輸血がなかったら今の暮らしはなかったです。

 僕は体重1800グラムの未熟児として産まれました。

 未熟児貧血のため輸血を半年間受けながら育った、と母から聞いています。

 現在、無事に大学を卒業して、夢だった建築の仕事に就くことができました。二級建築士の資格も取得して、とても充実した生活を送っています。
 今の自分の暮らしがあるのも、献血の血液のおかげだと感謝の気持ちで一杯です。


「未熟児貧血」

アイコン

過去のお知らせ

アイコン

最新のお知らせ

アイコン

カテゴリ一覧