MENU

ありがとうの声

みなさまからご協力頂いた血液は、病気や怪我の治療のための輸血用血液製剤として、患者さんのもとへお届けしております。輸血を受けた患者さんから、献血者の皆様へ全国から感謝のメッセージ「ありがとうの声」が届いています。

TOPICS

全国のありがとうの声トピックス

多くの方々のおかげで今の私は生きている

青砥安彦さん

福島県骨髄バンク推進連絡協議会 運営委員長
青砥 安彦さん

【6度の入院、闘病生活413日】

96年5月、私は白血病を発症した。
それまで健康には自信があった。献血も年2回はしていた。しかし、この年の冬から体調に異変が。当時は、連日連夜残業続きで心身に大きなストレスが溜まっていた。発症時、微熱があり、顎下のリンパ線が腫れていた。病院に行きたかったが、忙しいので我慢した。高熱が何日も続き、仕方なく近くの病院へ。診察を受けると医者から「詳しく調べないと分からないから」と紹介状を渡され血液内科へ。
担当医から問診や触診を受け採血。そして血液検査の結果を見るなり、「すぐ入院して」とひと言。職場には「一日休むから」と。家族には「病院に行ってくるから」と言って来ただけなので、一度自宅に戻り、出直したいと医師に話すと、「すぐ治療を始めないとたいへんことになるから」と即無菌室に案内された。
それからが長い闘病生活の始まり。1回目の入院は抗がん剤による「化学療法」。一命を取り止め退院する直前、病名の告知を受ける。「急性骨髄性白血病」。耳にした瞬間、頭の中は真っ白になり死を覚悟。あまりにも短い人生に「なぜ俺が」と涙がこぼれた。
その後も入退院を繰り返し、2回目は「痔瘻の手術」。3回目は「骨髄移植」。骨髄バンクを通してドナーが見つかり、骨髄移植を受けることができた。4回目と5回目は「帯状疱疹治療」。6回目は「間質性肺炎治療」。これらの治療に要した日数は計413日。
この間に受けた輸血の回数は数えきれない。一日に何本も血液バッグが取り替えられ、そのたびに献血のありがたさを実感した。骨髄を提供してくださったドナーの方、血液を提供してくださった多くの献血者の方々のおかげで、今の私は生きている。感謝の気持ちで一杯である。

【輸血が必要になることは誰にでも起こりうる】

輸血を必要とするケガや病気は数多くある。新鮮な血液は常に必要であり、献血は決して欠かすことのできない社会貢献である。私も病気前は度々献血をしていた。今は残念だが出来なくなった。
血液は人工的に造れない。長期保存も出来ない。だからこそ献血が必要なのである。今、あなたが健康ならば、ぜひ献血にご協力をお願いしたい。輸血が必要になることは誰にでも起こりうるのだから。

父として、衛生管理者として、コロナ禍で踏み出した一歩

小屋勝未さん

小屋 勝未さん

【献血の大切さを知る】

私には中学生になる子どもがいます。
今から10年ほど前、小児がんを患ってしまったわが子は、抗がん剤での治療をするほか助かる手立てはありませんでした。抗がん剤の治療は、がん細胞と一緒に健康な細胞をも傷つけてしまうということもあり、毎日採血を行い、血液の状態を確認します。赤血球や白血球、血小板と数値の下がり具合を見て、必要に応じて輸血をします。今まで私は、輸血=大けがや手術で大量に出血をした人がするものとしか考えていませんでしたが、治療の一環として輸血をすることを初めて知りました。輸血をした後は、数値が向上するだけでなく、顔色が良くなり、本当に「元気」になります。こうして一進一退の治療を進め、外出や外泊もできるようになり、半年後に退院することができました。血液を必要とする人が大人だけでなく、子どもにも無くてはならないもので、それが身近に誰にでも起こり得ることを知りました。

【職場での献血活動に衛生管理者として参加】

それから数年が経ち、職場では衛生委員会に所属しています。半年に一度、職場には献血バスがやってきます。献血に協力してくれる人を募り、スケジュール管理や、血液センターや保健所の方とのやり取りをするのが私の役目です。たくさんの人に協力してほしい。その思いで毎回、無理をしない範囲での協力を職場の仲間に呼びかけしていた私ですが、自分では献血できずにいました。それは、子どもの治療中のつらい記憶がフラッシュバックしてしまうからです。毎回情けない思いで献血バスを見送る自分がいました。

【きっかけは新しい命の誕生とコロナ禍】

昨年、わが家には第三子が誕生しました。コロナ禍ということもあり、毎日たくさんの悲しいニュースが飛び交う中で、命の尊さを改めて実感しました。そんな中で行った献血の打ち合わせで、新型コロナウイルスが流行してから血液が不足しているということを聞き、その時に何かが吹っ切れた気がしました。私たち家族が助けられた輸血。同じように苦しんでいる誰かを助けるには献血するしかない。そう決心し献血バスに乗りました。今までの不安は跡形もなく消え、終わった後は、なんだか晴れやかな気持ちでした。
今後も、献血に協力してくれる人への感謝を忘れず、私のように不安や心配を抱える人に寄り添う気持ちを大切にし、献血に関わっていきたいと思います。

  • ありがとうの手紙 From 献血で救われたいのち
  • TSS献血キャンペーン「ありがとう!っていっぱい言わせて」