MENU

ありがとうの声

みなさまからご協力頂いた血液は、病気や怪我の治療のための輸血用血液製剤として、患者さんのもとへお届けしております。輸血を受けた患者さんから、献血者の皆様へ全国から感謝のメッセージ「ありがとうの声」が届いています。

TOPICS

全国の献血に協力した人の声トピックス

献血にご協力いただいた方々、献血活動をサポートいただいている方々から、献血に対する思いが届いています。

TOPICS

滋賀県赤十字血液センターのありがとうの声トピックス

医師も輸血を受けて救われる

村上博さん

一般社団法人愛媛県医師会 会長
村上 博さん

【輸血に命を救われて】

令和3年8月、私は愛媛県医師会長として愛媛県におけるコロナウイルス感染拡大第4波・第5波と真正面から対峙することになり、手ごわいウイルスにだいぶんストレスをかかえていました。8月のある夜、大量の下血があり、立ち上がった時に目の前が真っ白になって気を失いそうになりました。これは急速に大量出血した際の貧血症状か血圧低下によるものです。普通なら救急車を要請するところですね、ところが医師と言う職業柄か、明日の診療が気になってか、妙に気持ちは醒めており客観的に「これなら2リットルくらいの出血かな?」「2回目の胃潰瘍かな?」「どこで検査を受けるのがいいだろうか」考えていました。

翌朝起きたとき顔面は蒼白でした。やはり下血しています。ただ気持ちはしっかり持って......診察を始める前に血液検査をしたところ、普段なら約15ある血色素も5まで低下しており高度の貧血を呈していました。これを血色素9くらいにまで持ち直すには赤血球濃厚液8単位は必要かなと計算し愛媛県赤十字血液センターに輸血の手配をしたところ、あっという間に届けてくださいました。

広島出張の際はスーパージェットを用い広島宇品港と松山観光港を往復します。松山からの出発時や広島からの帰りに港のカウンターのそばに血液センターの大きな保冷バッグが置いてあるのを時々見かけます。現在、愛媛県で献血していただいた血液は松山で血液製剤化するのではなく中四国ブロック血液センターにおいて製剤化しています。広島出張の時、血液センターの大きな保冷バッグを拝見して、「この中にどなたが献血された血液が入っているのだろうか?」「どれくらいの血液がはいっているのだろうか」「この血液がどんな患者さんの命を救うのだろうか?」「頑張れよ血液!」そんなことを考えながら心の中で応援していました。まさに究極の無償のボランティアです。

現代医学でも輸血に代用できる薬剤は開発されていません。人工血液も開発されていません。その無償の究極のボランティアである献血から生まれた血液製剤である赤血球濃厚液8単位が私の命を救ってくれました。計算通り血色素は9まで上がり、しんどくてたまらなかった身体はうんと楽になりました。後日の胃カメラと大腸ファイバー検査では新鮮な胃潰瘍が2個見つかりました。平成25年に続き2回目の出血性胃潰瘍です。2回ともストレス性と診断されました。

私が今日も元気にコロナウイルス感染拡大第7波と闘っていくことができるのも昨年の大出血時に、お名前こそ存じ上げませんが4人の崇高なボランティアで400ccの献血をしてくださった皆さんの血液、合計8単位で私は命を救われ仕事に復帰することができました。献血してくださった4名のかたは私の命の恩人です。心から感謝を申し上げます。

この物語には最後にオチがあります。命を救っていただいた感謝の気持ちをどうやって具体化しようか考えた挙句に、「献血をしよう!」と思い、松山市大街道にある献血ルームを訪れたところ「今までに一度でも輸血を受けたことのある人は献血できない」と知らされ、満を持して献血ルームを訪れたのに拍子抜けしたところです。それならば...ということで気を引き締めて皆さんが一日も早くコロナから解放されるようコロナウイルスと闘っていくことでご恩返しとさせていただいているところです。

小さな明かりを大きな灯火にするために

加用雅信さん

2022~2023年度
広島ライオンズクラブ 保健福祉委員長
加用 雅信さん

【継続していくこと】

私たち広島ライオンズクラブは、1955年に日本で10番目に創立して以来、社会で必要とされる多様な奉仕活動を展開しています。当クラブでは献血推進活動として、1999年より広島市内えびす通り商店街での街頭献血を24回、広島東洋カープのマツダスタジアムでの試合開始前献血を12回ほど継続して実施しています。受付人数は延べ5,458人、献血者数は延べ4,163人でして、200mlと400mlの献血それぞれ延べ595人と3,568人の皆さまにご協力いただきました。
こうした献血推進活動を実施するにあたり、事前に当クラブの例会に広島県赤十字血液センターの方をお招きして、献血推進の意義を再確認し、最新の献血状況を伺うことで、会員一人ひとりが献血推進活動への理解を深めることにも努めています。また、紹介カードを利用した啓発活動や献血会場での記念品の提供・配布などを実施しています。

【新型コロナ禍だからこそ】

2020年春に新型コロナウイルス感染症が猛威を振るいはじめ、これまで通りの献血推進活動を続けるのは難しい状況に陥ることが幾度もありました。以前のようにプラカードを持って大きな声で献血への協力を呼びかけすることを控え、じっと佇むしかできないこともありました。そうした状況下であるからこそ、これまで以上に献血の呼びかけが必要とされています。日に日に推移する感染状況を鑑みながら日延べしたり事前予約制度を取り入れたりするなど、ウィズコロナでもできる献血推進を工夫しています。
今後も、地元広島の皆さまと連携しながら献血協力への啓発や呼びかけを積極的に行って参ります。当クラブの推進している献血会場のお近くをお通りの際は、ぜひご協力のほどよろしくお願いいたします。

  • ありがとうの手紙 From 献血で救われたいのち
  • TSS献血キャンペーン「ありがとう!っていっぱい言わせて」