MENU

ありがとうの声

みなさまからご協力頂いた血液は、病気や怪我の治療のための輸血用血液製剤として、患者さんのもとへお届けしております。輸血を受けた患者さんから、献血者の皆様へ全国から感謝のメッセージ「ありがとうの声」が届いています。

TOPICS

大分県赤十字血液センターのありがとうの声トピックス

icon

献血は、いのちのリレーみたいなもの

峰山 真彩 さん
5歳のときに急性リンパ性白血病を発症。現在では病気を克服し、元気に学校に通っている。将来の夢は薬剤師。「自分もいっぱい助けてもらったから、薬をつくる人になり、病気の人を助けたい」

峰山 真彩 さん


5歳のとき、急性リンパ性白血病を発症。それ以来、お母さんと二人三脚のような形で闘病生活を乗り越えました。「"お母さん、自分、死ぬんやろ?"ふと5歳の真彩が口にした言葉。おしゃまな女の子なんでね...髪が命だったんですよ。だから私に切られた日は、相当にショックだったみたいで、わんわん泣いていました。」抗ガン剤の副作用で髪が抜け落ちることを心配し、お母さんが真彩ちゃんの髪を短く切り揃えた頃は、「次はどうなるんだろう」と不安にさいなまれていました。「娘にとって献血は、いのちのリレーみたいなもの。輸血パックには採血された場所が明記されてあり、ある時、そこに『沖縄』と書かれていて、遠く沖縄からはるばる海を越えて、うちの子を助けるためにやって来てくれたんだなって。献血してくださった方々に、とにかく『ありがとう』の気持ちでいっぱいです。」(談:峰山みねやま 真彩まいちゃんのお母さん)

ありがとうの声

  • ありがとうの手紙 From 献血で救われたいのち
  • TSS献血キャンペーン「ありがとう!っていっぱい言わせて」